毛穴がない人はどんなスキンケアをしている?

7月 28, 2020 by rte73ydh

毛穴に悩んでいる女子は多いと思いますが、一番困るのが年齢による毛穴の開きです。

なかなか改善しにくいですし、さらに毛穴にファンデーションが落ちてしまって肌がぼこぼこと汚く見えるんですよね。

毛穴がある肌とない肌では見え方が全然違うので、はっきり言って見た目年齢が10歳くらい変わります。

私は残念ながら毛穴たくさんのおばさん肌なんですが、私の友人はつるっつるのきれいな肌。私も友人も45歳で同い年なのに、見た目は全然違います。

10歳若く見えるというのはお世辞でもなんでもなく、本当に若く見えるんです。その分、一緒にいる私のフケ具合がよけいに気になってしまうんですよね。。ちょっとしたコンプレックスです。

友人にどうやったら毛穴レスの肌がこの年で実現できるのか聞いてみたら、ポイントが2つありました。

1つは、保湿。とにかく乾燥させないということです。

まずクレンジングからしっかり気を付けて、肌によけいなストレスを与えないようにしているそうです。そして洗顔後はすぐにたっぷりすぎるくらい化粧水をつけるとのこと。つけすぎて悪いことはないそうです。

年を取ってからの毛穴の原因は乾燥。乾燥することで、よけいに皮脂が分泌されてしまって、皮脂腺の部分である毛穴が開いてしまうんだそうです。だから、乾燥しているのに毛穴は開いて、しかも部分的に油っぽくなるんですね。。。

乾燥対策にはMICHIURU(ミチウル)ドライスキンホワイトミルクもおすすめ

そして2つ目は、絶対に日焼けをしないことだそうです。

冬でも日焼け止めを塗る徹底ぶり。夏は屋内でも塗るそうです。

日焼けも肌に刺激を与えることになって、肌の劣化を促進してしまいます。乾燥にもつながるので、結果的に毛穴が開く一因となっているんだそう。

この2点を若いうちから徹底して行っているそうなんです。

私のように、若いうちは全然気にしないで海で焼きまくって、年をとってから「毛穴が。。。」と後悔しているというのではやっぱりだめなんでしょうかね。

ただ、保湿や日焼け止めというのは今からでもできることではありますので、少しずつ改善することを願ってしっかりケアしていきたいと思いました。

10年後にもっと後悔しないためにも。。